お問合せ
どんな質問にもお応えします!
不動産・賃貸のアットホーム

↓【数寄清計画研究所 リンク集】↓

◆プロヴァンスの家◆

30代で建てる群馬の家 掲載中

◆軽井沢の永住・別荘◆

ベストプラン ご提案

ご希望の予算・イメージ

無料プラン作成します

新着情報・出展情報

「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展

ビッグサイトにて開催されました「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展し、
大好評の中終了致しました。
沢山頂きましたご意見ご感想を、今後の研究に生かしていけたらと思っております。
ご来場、誠にありがとうございました。

出展テーマ「命を守る建築構法は、地上に地下を作ること」

「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展
「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展
「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展
「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展
「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展
「第20回 東京ビジネス・サミット」に出展

命を守る建築構法とは

今後30年以内に、日本各地で地震が起こる確率(地震調査研究推進本部より抜粋)

場    所 規    模 確    率
東海地震 マグニチュード8.0 極めて切迫している
東南海地震 マグニチュート8.1 60%
南海地震 マグニチュード8.4 50%
宮城県沖地震 マグニチュード7.5 99%
山形盆地段層帯 マグニチュード7.8 7%
三浦半島断層帯 マグニチュード6.5 11%
糸魚川断層帯 マグニチュード8.0 14%
奈良盆地東緑断層帯 マグニチュード7.5 5%
金剛山地東縁断層帯 マグニチュード8.0 5%
布田川・日奈久断層帯 マグニチュード7.5 6%

このように、近い将来大地震の起こる確率は極めて高い。
また、阪神淡路大震災では、死亡原因の8割が建物倒壊によるものであった。
という事は、建物が倒壊しなければ、ほとんどの人は助かると言える。
そこで、数寄清は考えた。命を守る建築構法とは何か・・・。
耐震性がずばぬけて良い地下室を、地上に造る事である。

『地上の地下室』の概念図

・・・地下室のメリットを受け継ぐ・・・

<地下室のメリット> <地上の地下室>
①耐震性がずば抜けて良い
 ※性能表示耐震等級3という最高等級レベル
 ※震度14(こんなのなくて、7までです)に楽に耐える
同左
②耐積雪性がずば抜けて良い
 ※性能表示耐積雪等級2という最高等級レベル
 ※積雪5mに楽に耐える
同左
③耐風性がずば抜けて良い
 ※性能表示耐風等級2という最高等級レベル
 ※風速120m/sに楽に耐える
同左
④耐火性がずば抜けて良い
 ※性能表示耐火等級4という最高等級レベル
 ※類焼・放火に楽に耐える ※耐火金庫以上
同左
⑤耐久性がずば抜けて良い
 ※性能表示耐久等級3という最高等級レベル
 ※日射風雨に楽に耐える
 ※壁面日射風雨が皆無であり、常時地中養生状態
同左
⑥防音性がずば抜けて良い
 ※性能表示遮音等級3という最高等級レベル
 ※都市型騒音に楽に耐える
 ※遮音性能D-80がスタジオ以上の無音空間をつくる。
   よって、ホームシアターや楽器演奏の渾身的堪能
   ができる
同左
⑦断熱性がずば抜けて良い
 ※性能表示省エネ等級4という最高等級レベル
 ※猛暑極寒に楽に耐える
 ※夏中エアコン1台の微風運転でOK
同左
⑧蓄熱性がずば抜けて良い
 ※地中潜熱の夏26℃、冬14℃が室内を包む
 ※夏、暖かく、冬、涼しい⇒いい表現ですね
同左
⑨プライバシー確保性がずば抜けて良い
 ※閉塞感も裏返せば長所
 ※都市型喧騒から完全に遮断された空間になる
同左
⑩建築基準法の容積率緩和がある
 ※法律優遇は極めて稀な利用価値
 ※法定床面積の5割増住宅が可能
同左
地上の地下室だけのメリットが生まれた ⑪ここには書けない極秘のメリットです
(ヒント)⇒泥が欲しい

・・・地下室のデメリットを、メリットと化す・・・

<地下室のデメリット> <地上の地下室>
①掘削イニシャルコストパフォーマンス性がずば抜けて悪い
 ※隣家接近で深掘が困難でコスト高
⑫隣家接近でも境界線上で擁壁が可能
 で低コスト
②防水イニシャルコストパフォーマンス性がずば抜けて悪い
 ※地下水による防水工事がコスト高
⑬地下水に接しないので防水不要で低
 コスト
③湿気対策イニシャルコストパフォーマンス性がずば抜けて悪い
 ※地下水による室内湿気対策要
⑭地下水に接しないので室内湿気対策
 不要
④トータルイニシャルコストパフォーマンス性がずば抜けて悪い
 ※全体工事費が高い(地上の2倍)
⑮現実地上なので通常の工事費
⑤反重力ラニングコストパフォーマンス性がずば抜けて悪い
 ※排水が全てポンプアップなので維持費高
⑯排水は全て自然勾配なので低維持費
⑥水害安全性がずば抜けて悪い
 ※大雨による屋内浸水のリスクあり
⑰大雨でも現実的地上なので浸水なし
⑦心理的開放性がずば抜けて悪い
 ※地中であるという独特の閉塞感がわく
⑱現実地上なので閉塞感がわかない

上記のごとく、「地下室」はなんとそのままで住宅性能表示全11項目のうち、7項目において全てを有り余る程の最高等級レベルでクリアしている。

なぜ、そんなに高いお金を出して地下を掘るのか・・・普通に地上に建物を造り、地面を上げてしまえばよい。

PAGE TOP